「ダニアレルギーって部屋が汚いからなるの?」必死に掃除をしてるのに身体中が痒くて涙目だった私のお話

  • URLをコピーしました!

「もしかして、私がダニアレルギーになったのって、部屋が汚かったから?」

「・・・掃除が下手だったから?」

「たしかに、独身のころは、お掃除は、得意な方ではなかった・・・。」

「でも・・・っ、今は、これでも、私なりに、頑張ってお掃除してるんです!」

過去に、自分が『ダニアレルギー』なんじゃないのかと疑い始めたころに、私はこう考えて、自分を責めていました。

自分を責めながらも、からだは毎日、全身かゆいし、ダニはいなくならないし・・・

日を追うごとに、身も心もボロボロになっていったあの頃・・・。

だけど、そんな時に、とある耳鼻科の先生の言葉に救われた経験があるんです。

どんなに劣悪な条件の、どんなに汚い部屋で暮らしていても、ダニアレルギーを発症しない人はしないし、する人はする。

掃除が下手でもならない人はならないし、掃除が上手でもなる人はなる

だから一概に『ダニアレルギー=部屋が汚い』ということではないんだよ。

この言葉に、涙が出そうになりました。

全部が全部、わたしの落ち度じゃなかったんだ、って。

持って生まれた、アレルギーになりやすい要素っていうものもあるんだ、って。

昔の私のように、人知れず自分を責めて、情けなく思っている人の気持ちが少しでも楽になるといいな。

そんな気持ちで、今回は過去の私の体験談を書いています。

きのこ

『ダニアレルギー』って一言で言っても、

・皮膚(全身)のかゆみ
・目のかゆみ、鼻づまり、喉の症状

この2つに大きく分かれると思うのですが、この記事では私自身の『皮膚のかゆみ』についての体験談を語っています。

目次

ダニアレルギーの原因は『部屋が汚いから』だけじゃない!

正直に、もう一度告白しますが、私は掃除が好きではありません。

現在進行系で、好きではありません。

掃除をしたあとはそれなりに気持ちがよくなるので、大っ嫌いとまでは言いませんが・・・はっきり言って、好きではないです。

昔も今も、掃除をしないと部屋が汚くなるから、という理由で、仕方なくやっているだけです。

なので、その昔、ダニ刺されがひどくてひどくて、夜にまともに寝られなくなってしまった時にも、

「やれやれ・・・掃除は好きじゃないけど、仕方がないからやるか・・・」

と重い腰を無理やりあげて、それはもう、きっちりきっちりとお部屋の掃除をしたわけです。

  • 布団は干して
  • シーツは全部洗って天日干し
  • お部屋全体に掃除機をかけて
  • カーペットは念入りにコロコロ

(↑まだ正しいダニ対策を知らなかった頃なので、間違いだらけの掃除方法です)
(ダニには天日干しが最強だと思っていました)

「よしっ!これでもう大丈夫かな!今夜は寝るぞー!」

かゆみ、まったく落ち着かず・・・。

絶望・・・。

「いや、でも、厳密に言うと、あそことあそこの部分は掃除が行き届いてなかったし・・・今度こそ・・・!」

再びお部屋のお掃除・・・

絶望。

「も、もう1回だけ、シーツをしっかりと洗って、めっちゃ晴れの日に、外に干してみて・・・」

きのこ

太陽さんおねがい!
(超高温の)猛暑の日差しでダニをすべてやっつけて・・・!

絶望・・・。

ここまでしてもダニはいなくならず、わたしの全身には、ダニに刺されたらしい赤く腫れたあとがいっぱい。

そして、その刺された赤いところが、段々と、異常にかゆくなってきていることに気付いたのです。

きのこ

えっ・・・ダニって、こんなにも赤く腫れ上がるもの・・・?

かゆみも尋常じゃなくなってきてるんですけど・・・

そうです、このあたりで、わたしは自分の身体が、全身が、異常なかゆみに襲われていることに気付き始めたのです。

ダニに刺されたところはかゆくなって当然だけれど、なんだか・・・他の、周りの皮膚までが、異常にかゆい・・・。

そしてパンッパンに腫れる・・・。

あれこれ調べてみて、もしやこれは、通常のダニ刺されの域をこえて、『ダニアレルギー』というものなのでは!?と。

まさか、間違ったダニ対策をあれこれやっているうちに、身体の中にダニがたくさん入り込みすぎて、こんなことに・・・?

そしてその大元を辿ると、そのそもは、私が部屋の掃除をさぼっていたから・・・?

こんなふうに考えると、自分が情けなくて、ついでに女子なのに(この頃は独身)、掃除が下手とか、恥ずかしくて・・・

一時は、沼に沈んでしまうように落ち込んでしまったのですが・・・。

前述したとおりに、

『部屋が汚い=ダニアレルギー』とひとくくりに決めつけるのは安易だ

という耳鼻科の先生のお言葉に出会い、かろうじて救われた次第です。

確かに・・・確かに、私は掃除がものすごく上手なわけじゃない。認めます。

だけど、掃除が下手で、部屋が汚いから、だからダニアレルギーというものになってしまったというわけでもない。

なる人は簡単になるし、ならない人はどんな環境でもならない。

わたしにはその素質(アレルギー体質)がもともとあったんだと言ってもらえると、本当に気持ちが救われます。

花粉アレルギーは花(自然物)のせいだから仕方がないと思われて、

ダニアレルギーは掃除をサボった自分のせいだから、自業自得だと言われてしまったら・・・ショックすぎるよね・・・。

なので、本当によかった!

きのこ

ただ、やっぱり、お部屋のお掃除が苦手でサボりがちだった私の落ち度がそこでゼロになるわけではないので、日々、そこそこのお掃除力は付けていかねばならぬと、今では思っています。

ダニアレルギーの対策として『部屋の掃除をしろ』って言うけど・・・できないの!

ダニアレルギーの対策をネットで調べていると、とにもかくにも掃除・掃除・掃除、なんですよね。

わかってる・・・

わかってるんですよ、掃除が大切だということは。

でもその掃除が、微妙に難易度の高いものばかりで、一般的なお母さんたちのお掃除能力にいまいち寄り添ってくれていない・・・!

インスタでみかけるお掃除上手なお母さんたちを、標準レベルだと思わないでいただきたい。

できない方のお母さんに寄り添ってください。お願いします。

掃除は朝一に →「できない!」

ダニが含まれるハウスダスト(ホコリ)のお掃除には朝一の掃除が一番きくというのは私でも知っています。

でも、でもっ・・・!

幼児を育てていて、朝一に掃除なんてできる?

私はできないよ!

トイレ、お着替え、朝ごはんの用意、食べさせて、またトイレ、園に行く準備・・・

そんなことをしている間に『朝一』は終わっちゃうよー

こまめな掃除 →「できない!」

ネットに載っているこまめな掃除って、こんな感じのものを指すみたい。

  • 丁寧な掃除を1週間に1回
  • 普通の掃除を1日おき

こう言われると、なんとかできるような気もします。
私でも。

でも、でもね、わたしが思う『普通の掃除』と、ネットのお偉いお方が言っている『普通の掃除』って、どうやら違うみたい。

↓ 1日おきにこれをするのが『普通の掃除』・・だと・・・?

  • お布団片面2分をかけて掃除機がけ
  • 裏面もかけたら4分
  • 敷き布団と掛け布団両方かけたら8分
  • お布団が2組あったら全部で16分

ちょ、ちょっと待てい・・・!

わたし、『普通の掃除』で、お布団にそんなにしつこく掃除機をかけたことなんてない・・・!

お布団に16分も掃除機をかけて(多分結構疲れる)、そのほかにも部屋のあちこちを拭いたり吸ったりするんでしょ?

それ、『丁寧な掃除』の方じゃないの?

お仕事をしてるお母さんに、平日、そんなにたくさん時間があると思ってる?ばかー!

空気清浄機を使いましょう →「できない!」

これ、これ、これー!

一番吠えたいところがここ!

私だって置きたいよ。空気清浄機置きたい!お部屋に!
きれいな空気毎日吸いたい!

でもね・・・私は知っている・・・。
空気清浄機って、お手入れをさぼるとすぐに、カビが出てきてしまうということを・・・。

お部屋の掃除さえ苦手でダニを増やしてしまうわたしが、空気清浄機のカビを防げるとは到底思えない。

絶対にすぐにカビ出てくる・・・。

昔ね、実際に行った病院で、男性のお医者さんに言われたことがあるんですよ。

「ダニ(ハウスダスト)には空気清浄機がいいから、買うといいよ」って。

「ねぇ、先生・・・自分で、空気清浄機のお手入れ、したことある?」

「家の空気清浄機は奥さんが、病院の空気清浄機はスタッフのみなさんがお手入れしてるんじゃない?」

「フィルター外してパネル外して給水タンク洗って水垢とって本体内部を拭いて細かいところを綿棒で掃除してすべて乾かしてもう一度組み立てたことが!お前にあるのかー!」(吠えてます)

空気清浄機って、購入して設置して、はい終わり、じゃないんですよ・・・。

毎日のこまめなメンテナンスというものがいるんですよ。

だからズボラな私は・・・うかつに手が、出せないんですよ・・・。

「アレルギー対策」という名目で、気軽に空気清浄機をすすめてくるお方って、男性が多い・・・ような、気がします・・・。

きのこ

我が家が取り入れたところで、お部屋にはダニ、そして室内の空気はカビくさい、という最悪の家になる未来しか見えない・・・。

エアコンの掃除をしましょう →「ここならなんとか・・・」

エアコンのフィルターについたホコリにダニは住みつくらしいので、フィルター掃除も大切、とのことなのですが。

これは出来る!出来ます、私でも!

フィルターを外して水でササッと洗うだけだもの。
出来る、出来るよー!
出来るので、もちろんこれだけはしっかりとやっています。

しかも嬉しいのが、フィルター掃除の目安は1か月に1回程度というところ。
ますます出来ます。そのくらいの頻度ならズボラな私でも苦痛じゃないです。

もちろん、もっと言うと、フィルターだけじゃなくて、エアコンの内部まできれいにする『エアコンクリーニング』の方が効果は抜群にありそうなんですけどね。

エアコンクリーニングって、業者さんに頼むとお値段が1万円ほどするので、我が家ではまだ手を出していないのです・・・。

でも、そろそろエアコンの年数も経ってきているので、いい加減にやらなくちゃいけないな、とも思っています。

エアコンクリーニングの業者も最近では多すぎて、どこがいいか探すのも大変そうで、結局後回しにしてしまっている感じです。

うーん、でも、やらないとな・・・。

一応、今一番気になっているのは『くらしのマーケット』

地元の人が担当してくれるっていうのと、口コミが豊富なのが結構いいなと思っています。

きれいにならなかったら全額返金!【エアコンクリーニング】

掃除する部屋を1つに絞るという提案

長々と体験談を吠えてしまいましたが、まとめるとこんな感じです。

  • ダニアレルギーは部屋が汚いからという理由だけでなるものではない
  • だけどダニアレルギー対策としてはこまめな部屋の掃除は必須

ズボラ主婦には厳しい現実です・・・。

人が生活している以上、ダニをゼロにすることは難しいし、かといって今更、ダニアレルギーになってしまったこの体質を治すというのもちょっと無理そうなので、今現在わたしが心がけているのは、家の中全部をきれいにすることはさっぱりと諦めて、寝室のみ、かなり力を入れて掃除をすることにしています。

私の場合は、ですが、『夜にぐっすりと眠れないことが一番のストレス』だと自覚しているからです。

とにかく寝室だけはこまめな掃除を心がけて、寝室の掃除が終わって、まだ余裕がある時に、そのほかの場所をちょこちょことお掃除する感じかな。

ダニとの攻防戦は梅雨から秋にかけてまでが一番のピークとはいえ、基本的には1年を通しての過酷な戦いなので、無理なお掃除プランに手をだしては大変危険です。
身も心もボロボロにやられます。

なので、わたしのようなズボラさんは、ダニアレルギー対策として、絶対にダニを増やしたくない1つの部屋を、まずは作ってみることをおすすめします。

そんな我が家の寝室にはもちろん、優秀な布団乾燥機が365日スタンバイしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ダニに全身刺されるようになって早10数年。過去にはお布団恐怖症にもなりましたが努力の末、克服。めんどくさがりでも出来たダニ対策をゆるく紹介しています。きのこ(母)・きのこっこ(幼児)・たけのこ(父)の3人家族です。

コメント

コメントする

目次